【挑戦・軽で日本一周】山口県周防大島→周南市【43日目】

【挑戦・軽で日本一周】山口県周防大島→周南市【43日目】

山口県アイランドホッピング。各地で見かける「回天」の文字にちょっとドキドキ。
心眼鏡を覗いたら夢と希望+忘れちゃいけない大事な何かが見えるかもしれません。

5:30 道の駅すおう大島サザンとうわ

周防大島には瀬戸内のハワイというキャッチコピーがついているそうです。
夜の星にも負けない美しい朝焼け。干潮時には真宮島への道が現れるそうです。

道の駅すおう大島サザンとうわ

7:30 厳島神社

島をのんびり流していたら、海沿いに真っ赤な鳥居を発見。厳島神社とあります。
ご祭神は市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、海の安全を祈願。

周防大島(西方)厳島神社

8:00 夕日の丘展望台

手作り感の溢れる展望台。夕日の丘ですが朝の展望も素敵です。
双眼鏡ではなく「心眼鏡」。覗いたら夢と希望が見えるそうですよ。

夕日の丘展望台

9:30 道の駅 上関海峡

長島との海峡に位置する道の駅。オープンは平成26年とあってまだぴかぴかです。
ご当地名物と並んでお魚がたくさん売られていました。生け簀にはフグも!

道の駅 上関海峡

13:00 道の駅 ソレーネ周南

広い施設には充実の売店と、ドーム上の屋根が季節によらず快適な休憩スペース。
藤井牧場の朝しぼりソフトはすっきり爽やか、夏日の陽気にふさわしいお味でした。

titi 藤井ファーム

本日のひとりごと

道の駅上関海峡で「回天」なる和菓子を発見。
副題(?)には「鎮魂の詩」とございます。これはもしかしてもしかしなくても。。。

よくよく見るとお菓子にも、魚雷が型押しされています。
(写真がなくてスイマセン)

ちなみにパッケージには「平尾回天基地/平尾町観光協会」の文字。
道の駅のある上関町の少し北、平生町には阿多田交流館 (平生回天基地資料展示)が。

平尾によらず回天慰霊碑は周辺各地に、特に東の大津島は訓練基地があった事でも有名。
今でも記念館でその歴史を伝えています。


華やかな思い出だけを持って帰りたい旅の中でも、忘れちゃいけない歴史の1ページ。
思い出させてくれてありがとうございます。


回天とは
通称人間魚雷、太平洋戦争で日本海軍が開発した「特攻兵器」の事です。

特攻と聞くと飛行機で行われた「航空特攻」を思い浮かべるのですが、
それ以前から「特攻」を目的とした兵器が開発、使用されていた事は
あまり知られていないのではないでしょうか。

特攻とは
今更ではありますが「戦死を前提とした」特別攻撃の事。

ちなみに回天の操縦は「6本の手と6つの目がいる」と言われる程難しかったそうです。
操縦が難しく精度の低い兵器を使い、戦死を前提に「訓練」に挑み、そして散っていく。

平和に凪いだ海を眺めながら、そんな時代が本当に本当にここにあったんだと思う時、
心の底から平和を祈らずにはいられません。


世界各地に不穏な空気が漂っている今日この頃、つくづく「平和」様な「状態」を維持し続ける事がどれだけ難しいのかを考えます。
けれどその時に戦禍に散っていった若い命の尊さを、忘れてはいけないと強く思うのです。

明日が平和な一日でありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。