【挑戦・軽で日本一周】徳島県→高知県室戸市【38日目】

【挑戦・軽で日本一周】徳島県→高知県室戸市【38日目】

北から海沿いを巡ってきた旅ですが、同じ海でもそれぞれ全く印象が違います。
生まれ育った人々も、目に入るそれが広がる大海原か、厳しい荒波かで人生観は大きく違うのではないかしら。

5:30 道の駅 宍喰温泉

おはようございます。道の駅宍喰温泉向かいの浜より、
静かな海を神々しく照らす朝日です。なんだか生きてるみたいです。

8:30 室戸岬の奇岩群

海岸線に沿って国道55号を南下。不思議な形の岩が続くエリアには
遊歩道が設置されていて、近くに行ってその姿を見る事ができます。自然の不思議を体感。

8:30 御厨人窟

奇岩の向かいの山側には、空海が悟りを開いたと言われる洞が残されています。
昔はもっと海も近かったそうで、きっと不思議な景色が見られたんでしょうね。

9:30 高岡園地展望台

室戸スカイライン上の展望台からは、少し遠く海を見下ろせます。
山頂を縫って緑の中を走破。これもまた目に楽しいですね。

12:00 ランチ in 道の駅 キラメッセ室戸

本日のランチは道の駅でゲットしたお弁当とお惣菜。
併設の素敵レストランもよいですが、地元お母さんの味も捨てがたいのです。

道の駅 キラメッセ室戸

本日のひとりごと

四国に入ってからよく目にするのは、お遍路さんはもちろん「維新志士」に関するアレコレ。
室戸岬にもクジラのオブジェと並んで(?)中岡慎太郎の像が海に向いて堂々と建っています。


倒幕が、明治維新が必ずしも100%の正解ではなかったと、
維新志士が手放しでヒーローだったわけでもなく
それらのイメージは創作によるエンターテイメントという側面が多くあるという事も
忘れちゃいけないよなあと思いながら碑文を読んだり像を見上げたりしています。

明治維新という過ち


今世界で起こっている戦争とか、
かつて日本国内で起こっていた争いとか、
色々な意見があって、様々な環境やタイミングがあって

そう、いつなんどきも100%の答ってないんですよね。
どっちが絶対の正義、とかも。


世の中は本当に本当に絶妙なバランスの中、今この状況であって
その恐ろしく繊細な上下左右360度やじろべえを、乗りこなす事こそがいうなれば「平和」。
というか平和な「状態」。

何が言いたいかといいますと、「革命家ってかっこいい!」のその先を
ちゃんと俯瞰していなきゃなあと、旅のあらゆる感動の中
流されやすい自分を戒めての独り言でございました。

明日も愛しい一日でありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。